アメリカのプロバスケットリーグNBAについて、詳しく丁寧に解説するサイト『NBA入門』

●●●NBAの歴史1●●●

【NBAの起源】

NBAの歴史は1946年にまで遡り、当時はBAA(Basketball Association of
America)という名称でした。
最初のタイトルマッチが行われたのは1948−49年のシーズンで、当時は全8チーム、
2ディビジョンという構成でした。
その後チーム数は増えたものの組織が分裂し、1949年にBAAから現在のNBAという
名称に組織名が変更されました。
1960年までは2ディビジョンの8〜10チームという構成でしたが、1970年代に
もう一つのリーグであったABAのチームがNBAに参加して、1976年には22チーム
4ディビジョンという、現在のリーグの構成に近い形になりました。
その後も少しずつチーム数が増え、現在の30チーム6ディビジョンという形に至ります。

【1950〜70年代】

NBA発足時はレイカーズが活躍した時代ですが、その後1960年代に入るとボストン・
セルティクスが圧倒的な強さを見せました。
そして、1970年代にはABAのチームが加わり、チームの力が均衡してきました。
この時代を代表する選手には、デーブ・コーエンス、ビル・ラッセル、ジェリー・ウェスト、
ピート・マーヴィック、ジョン・ハブリチェック、ウィルト・チェンバレンなどがいます。

 
 
 
 

【1980年代】

1980年代は、ボストン・セルティクスとロスアンゼルス・レイカーズの2強に加えて、
フィラデルフィア・シクサーズが活躍した時代です。
また、1980年代後半になるとデトロイト・ピストンズが台頭してきました。
当時の大スターは、セルティクスのラリー・バード、レイカーズのマジック・ジョンソン、
カリーム・アブドル・ジャバー、そしてシクサーズのジュリアス・アービン、ピストンズの
アイゼア・トーマスなどがいます。
彼らの活躍がNBAの人気を一気に高めました。